9「本能に従うべきだった」

12.11sat/2004

★カクテルメニュー完成

長年取り組んできたリキュール・ベース別のカクテル・メニュー、ついに完成。

03年新春にリキュール以外の改訂版カクテル・メニュー発表してから、約2年ぶりの新メニュー。
が、企画はその前からだから3年がかりか。
そうそう、飲酒検問厳しくなっての‘低迷’それによる‘ヒマをもてあまして’が発端でもあったから、やはり3年がかりだ。

しかしながら、お客サンから「カシス・ベースの」とか「ストロベリー風味の」といった、漠然とした注文に十分対応していくには?と考えたのも事実。ならば希望のリキュールのページを開くとその関係カクテルが一目瞭然、となればいいンじゃない?と考えて「しまった」ことにもよる・・・。

毎年末、新作カクテルやらニューボトル、廃盤商品でメニューを改定するたびに、そのコピーだけで営業終了後朝方までかかる(コピー代も馬鹿にならぬ)。かつ、今回のメニュー・ブックは特にぶ厚くなることからして、いままでの6冊を3冊に減らし、今後は変更点のみ「差し替える方式」にと考えた。

★ファイル探し・・・

しかしながら、ここで問題発生。
いままでの4cm厚のメニュー・ファイルに入りきらなくなったのだ。
予測していただけに、脳裏に留めておいた、今夏には売っていた無印良品の一番ぶ厚いファイルが、なぜか最近見当たらず・・・。
で、あらたにファイルを探し買い求めるべく、ある日地下鉄長居駅へ。

さて、堺・北花田のダイヤモンド・シティか天王寺か。
どちらも地下鉄料金230円。
う〜む、品揃えはやはり天王寺界隈だろう、時間的には北花田有利か。
で、本能おもむくまま天王寺方面行きフォームに降り立ったとたん、向かいの南行きフォームに列車が入るアナウンス。発作的に向かいのホームへダッシュ・・・。

★また、カレー

そしてのダイヤモンド・シティ。
前回、完成したばかりのココにふらり立ち寄ったときには、専門店街でなつかしの自由軒カレーを食した。
なつかしの、というのは、ミナミの本店で20数年前に食べたのが最後だったからだ。
思い起こせば知人の外人に、「カレーを食べよう」と誘って入った自由軒。
で、「ウンチのようなものは食べられない」といわれたのが最後の自由軒のカレーだったか。
う〜む、あれから数え切れぬほどミナミにでかけてたのになぜか自由軒のカレーは食べてなかったなぁと、ひと口。

思い出した・・・。
ここのカレーは我輩、口にあわずして今まで食べていなかったのだった。
作家の織田作之助考案という、ライスとルーを混ぜて生卵をのせたこのカレー・・・20数年の間にすっかり忘れてしまっていた、この味を・・・。
このことをあるお客に話すとその方、翌日わざわざ食べに行かれた。
で、いわく「食べてるあいだに飽きてきたワ・・・」
名物にうまいものナシ、なのか、やはり?

今回はジャスコのフードフロアで、印度カリー屋のガラムガラムへ。
食するはカシミールシュリンプライスなるもの。
ここでは呼び出し用にポケベルのようなものを持たされる。
待つこと10分あまり・・・その四角の呼び出し用物体が謎の物体に見えてきたころ、ようやくベルが鳴る。
で、カウンター越しに手渡されたそのカレー、ウン?なに、これ?
幼稚園の給食?ままごとカレー?
量すっくないなぁと、待つこと10分余、食すことたった2分のカレーであった。
味?一瞬レトルトかと思ったが、作るのに10分以上もかかっとるしなぁ・・・。

今後の展開に一抹の不安感じつつ、ファイル探しに向かう・・・。

★売り場探し・・・

ジャスコ、阪急デパート、そして専門店街。
これだけ広いと文具売り場を発見するだけでも大変。
とりあえず一番近いジャスコの売り場へ。

ま、しょせんはスーパー。猫の額ほどの文具売り場の品揃えに落胆もせず、お次の紀伊国屋書店へ。う〜む、ここは文具売り場が、ナイ?
では阪急・・・これって、デパートかぁ?デパートと呼ぶにはちょっと小さいんちゃう?ジワッといやな予感。

一階の案内所へ。
オジサン、オバサンらのダイヤモンド・シティ会員申し込みで込みあうなか、ようやく応対してくれた案内嬢に、「ジャスコ以外に文具店は?」「ジャスコだけでございます」
周りの人に叫びたかった、「あんたら会員になってナニ買うねん?!」

地下鉄場面を思い出していただきたい。
本能的か発作的か、いずれかで行動しなければならない場合、本能に従うべきである。カレーの場面も思い出してほしい、始め悪ければ終わりも悪し、である・・・。
結局この日、ふたたび天王寺行き地下鉄フォームに戻るハメとなったのであった。

★「今夜の名言!」

『さて、小泉首相は「テロには屈しない」と強気の発言を続けているが、イラク戦争以降の(中略)日本人の戦死者5人。日本がテロリスト側に与えた戦果はゼロである』

「新潮45」12月号 軍事ジャーナリスト加藤健二郎「イラク人質たちのそれから」より。日本とテロリストの『勝負』ととらえたこの最後の一文で、笑ってはいけないのに笑ってしまった。

「本能に従うべきだった」完
         

<戻る>