15「毎日毎日、オイラは鉄板の上 

★3.6mon/2005

久しぶりの休み。
・・・といっても、店で確定申告関連の作業。

今年正月2日と3日休んだけれど、両日ともに大掃除やら新年のオープン準備やらで休んだ気もせず。
2月18日の休日は法事。
19日から21日は会員91号エム氏の案内役で沖縄行き。
その二泊三日の間、運転役兼ガイド役で疲れ果てたが、帰阪した三日目の夜には店オープン・・。
今年三度目の休みの本日は、昼から翌朝まで売り上げ伝票の整理。

あ〜、休みらしい休み、欲しいなぁ。
ちゃぶ台で、お茶碗で夕ご飯食べたいなぁ。枕元のスタンドの灯りで本を読みたいなぁ。夜の10時頃に眠りたいなぁ・・。

申告のうんざりする作業途中、相次いで常連サン2名の「侵入」あり。
うらやましい。閉まってる店に堂々と入って来れるってことが。
で、相手をすると呑んでしまいそうなので(そ、用事で店を閉めてるとこんな人たちが一人や二人やって来て、つい誘惑に負け呑みに出かけて云々と・・・うむ、それを彼らは見越してるのかしらん?)、サービスで角ボトルとグラスをカウンターに放り出して勝手にどうぞ。でも作業未完。

★3.7tue.

閉店後の3時40分、会員91号エム氏らより電話。
カラオケボックスにいるゆえ付き合えとのこと。
気晴らしに訪ねるがそこは4時半閉店。
バーボンのロックかけつけ三杯。
酔い足らず、焼鳥「さのも」にて朝日が昇るまで飲む。

★3.8wed.

久しぶりに非会員ユキさん来店。
カウンターほぼ満席で端に着席。
「忙しいやん」「いや、うちの店はいったん入店されるとなかなか皆さん出て行かれないだけで・・・」
3時10分閉店後、昼過ぎまで確定申告作業。

★3.9thu.

閉店後の4時前、会員44号ひとりんよりメール。
同業者の彼女からのメールは「ヒマか否か」の問い合わせばかり。
とりあえず申告作業一段落したゆえ、「笑顔以外のサービスしてくれたら一杯飲みに行ってもええよ」と返信。
で、呑んで食べて千五百円なり。そういや、笑顔なかったなぁ・・・。

帰宅後、TVをつける。
映画「イーオンフラックス」PRで来日中のシャーリーズ・セロン嬢のインタビュー場面がうつる。
そのあとビデオのスイッチをいれる。
映画は『モンスター』だった。偶然、セロン主演の。
さきほどTVに出てた美貌の彼女が、コレ?
二重あごにお腹どっぷりのこの娼婦が?
その信じられぬほどの変貌振りとアカデミー賞受賞というその演技に、「うむ、これがその演技か・・・」と、そんなことばかりに目がいって、ドラマに素直にのめり込めぬまま・・・いや、そのどうしようもないヒロインの人生に、わが身重ね合わせてしまっては、いた・・。3/5。

★3.10fri.

雨なのに忙しい。
3時半、夜食をと居酒屋「やり回し」へ。
その途中、体調くずして今夜もバイト休んだテラ吉くんのマンションに灯りが点いてれば誘ってやろうと・・・。が、部屋の窓は真っ暗。だいじょうぶかぁ?おい?。グラス生、酒ニ杯、トロとタコ造りで千五百円なり。

★3.11sat.

暖かい夜なのに、雨の昨夜よりヒマ。
毎週水曜と土曜の深夜3時頃必ず来店の会員732号エフ氏さえ現れず。
で、お客も途切れたので、昨夜に続いて「やり回し」へ。
むむ、3時過ぎというのに閉まってるではないか、土曜やで!平日でも4時までは開けてる店なのに・・・しばし路頭に迷い、とぼとぼと焼鳥の「さのも」へ。
「さのも」の大将いわく、昨日は朝の9時まで営業していたという。
ここの大将と割烹「日本」の大将は共に我輩より年上ゆえ、その長時間労働の気力には毎回頭が下がる。こういう場合、ほんとに頭が下がるのみたことないな・・・。

★3.12sun.

確定申告作業、一応終了。
単に間に合わせるためで、こまかな領収書整理は未完。

・・・本日夕刻、人生最大の問題発生す。
落ち着いたら、記せるかしらん・・。ワカラン・・。

★「今夜の映画!」

週に2〜3回店に来られるTV「探偵ナイトスクープ」のプロデューサーO氏が、「社内会議で話題持ち切りの、知られざる映画がある」と紹介してくれたのが、『バタフライ・エフェクト』

う〜む、どういう類の作品かを言ってしまえば面白さ半減です、コレ。
カウンターでO氏に「どんな内容?」と聞いてしまったお客がいて、耳に入ってしまった・・・あ〜あ。
墨丸のシンクタンク的会員541号テラ吉くんいわくの「一匹の蝶が羽ばたいた結果、地球の裏側で竜巻が起こるという喩えのカオス理論ですね」がヒント。評価4/5。
注:DVDには特典で異なるラストシーンあり!

コレは見たかった。
「その叫びは宇宙では聞こえない」は『エイリアン』の宣伝文句だったが、「その叫びは誰にも届かない」というのが、実話をもとにしたという『オープンウオーター』
ガイドのミスで大海に取り残されてしまった男女のダイバーの末路を描いている。が、海のど真ん中で延々と浮いてるだけのような展開ゆえ、凝縮された予告編のほうがこわかった・・・。3/5。

ようやくみれたのが、『コールド・マウンティン』
南軍の脱走兵が恋人の待つ町へ苦難を克服しながらひたすら歩き続けるという作品。我輩の邦画ベスト1「人間の条件」(小林正樹監督)での、厳寒のシベリヤの収容所から脱走した梶上等兵が、新妻美千子のもとへと歩き続けるあの過酷極まりない状況のほうが悲惨。3/5。

上記と同じニコール・キッドマン主演の『ザ・インタープリター』は、国連通訳の女性が暗殺計画を知り・・・という内容。
同時期にみたブルース・ウイルス『ホステージ』同様、新味に欠けた作品だった。特にウイルスの映画なんて、髪ふさふさでひげ面の彼が、はい数年後にはハゲ頭の本来の姿役で登場・・・なぁんて流れの彼の映画、他でもみたような?ともに、2/5。

もっと面白くなかったのが邦画の『デビルマン』
原作マンガを知らないせいか展開不明、セリフ下手すぎて会話不明。で、ビデオ早送りしてよけい不明に・・。1/5。

邦画『血と骨』は、子供時代の風景がよみがえるようなリアルなセットがいいし、主演のたけしサンは天才と思わせる佳作。が、原作の印象強すぎ、3/5止まり。

のめり込んだのが米映画『クライモリ』
題名からして興味をかきたてられた。
ウエストバージニア州の未開発の森林に迷い込んでしまった男女がとある一軒家にたどり着いてみると、その周囲には累々たる廃車が・・・。
「気味が悪いワ」なんて言うぐらいなら早く立ち去れ!
そんな状況下で「トイレに行きたい」なんて言うな!なんてことを毎回思わせるこの手の映画、我輩選ぶ三大傑作は、「悪魔のいけにえ」(70年代の初代スプラッター映画)、「エルム街の悪夢」(眠ったら死ぬってのが衝撃的発想)、「ファイナルデステネーション」(死ぬ運命が相手。助かるはずがない)。本作は「悪魔のいけにえ」の部類にはいる佳作。3/5。
同様の、なにも考えずにみれたのは『アイロボット』、でした。3/5。

「毎日毎日、オイラは鉄板の上」完

<戻る>