26「千代田店オープン」

★06年12月

今回、千代田本店オープンに向けての悪戦苦闘、奮闘努力の記録を掲載と思ったけれど、“凝縮”した次の一文(墨丸会員へのオープンDM)、743会員全員に郵送するほどの予算すでになく、一部の方へしか発送していなかったこともあり、じゃあここに再掲しお茶を濁そうかと・・・では、本文。

お元気ですかぁ?
元祖墨丸ですよ〜。
お忘れではないですかぁ?
アッ、忘れられてたか・・・。

さて、11月6日(月)千代田本店オープン予定が延びに延びて16日(木)に!(荷物の多さに引越屋サン「6日までには片付かんでしょ」
内装屋サン「絶対ムリや!」。なぜか我輩のみ「可能」と。O型やなぁ・・・)
オープン後も倉庫内は段ボール箱山積み。
そ〜して不眠不休の作業の末(5キロ痩せた)、倉庫奥の事務机にたどり着けるようになったのが23日(木)!

で、大変遅くなりましたがこうして25日の深夜、その机にてオープン告知をしたためさせていただいておる次第。
長居店の雰囲気を再現したような店づくりゆえ「あの墨丸の空間よ、再び!」と思われるような夜がございますれば、ぜひご来店を。心よりお待ちしております(ホンマやで。だってヒマすぎるもん・・・15年前の1号店開店当時をまざまざと思い起こしてますねん・・・)。
で、土曜の閉店後などは鍋でも囲みましょう!
ではお会いできる夜を楽しみにしつつ、お休みなさい・・・』

で、DMに書ききれなかったこと。思いつくまま・・・

10月29、30日が荷物の個人的整理日。31日引越日でした。
安いと評判のアリさんマークの引越社は29日から3日間(!)梱包要見積もりに対し、ミニ引越サービスセンターは31日の1日で梱包・引越かつ安価。
そのかわり梱包に朝から夕方までかかりましたけれど、おすすめの引越屋サンでした。

29日夕刻、荷物を整理していると会員691号ポストマンが来訪。
「じゃあ夕メシでも!」と店を出たとたん388号ちかねぇから電話。
「じゃあ三人で!」と我孫子で飲食店を物色してると28号ゆ〜きちゃん、88号かおりん両名とバッタリ。
「じゃあ五人で!」と113号竹田サンの居酒屋「竹宗」へ。
となると夕飯だけじゃやっぱり済まず、サヨナラ大宴会に。
さらにかおりん宅で二次会!
長居の最後にふさわしい夜となりました。
荷物ほったらかしになったけど・・・。

オープン日、本来16日ではなく15日の予定でした。
ほぼ徹夜でメニューと手作り看板仕上げての15日夕刻、フロアの荷物を倉庫に押し込め「さぁ、オープンだ〜!」とカウンター内に一歩足踏み入れて気がついた!
いままで目に付かなかったカウンター内の整理が手付かずだったのだ・・・(ま、それだけあたふたとした日々だったということである)。
で、15年の経験をもってしてもオープンさせる自信なくして、一日延期に・・・。

会員412号やすべぇと388号ちかねぇが本店に来店したときのこと。
お二人「ずっと昔から知ってる店みたい!」
そりゃそうです。長居のインテリアそのままもってきたもの。
でも長居に比べて吉野家もありません。
最近セブンイレブンが近所にオープンしましたが・・・。
大好きな焼鳥屋も遅くまで開いてる店がありません。
焼鳥屋どころか、周囲は真っ暗です。
先日の朝方も24時間オープンのスーパーオークワ食材売り場で串に刺した鶏肉ジッと見つめ、「ウム、今から寒い冷たいわが家の台所でコレ焼けるだろうか・・・」。
結局そばにあった出来合いの、時間が時間ゆえはるか昔に焼き上げたであろう、ひからびたような焼鳥数本とワンカップ酒に。
まずかった、やはり・・・。
では、また。

<戻る>