32「今日はドラマの、24!」

★07年1月24日(水)

お客サンがゴソッとDVDをもってきてくれた。
アメリカのドラマ「24」である。

もう数年も前になるが、当時レンタルビデオの卸会社に勤務していた墨丸会員18号田中ホモ丸クンが、「コレって傑作!」とセールス用サンプルテープをくれたのが、「24」。

サンプルゆえ6時間分しかなかったが、はまったなぁ!あの「ピンゴン、ピンゴン」と時間経過を示すシーンのたびに血圧上昇の、アッというまの6時間!

その時期まだ未レンタルだったンで墨丸店内ではその話題にお客サンも興味津々(そういう意味では同様の韓国映画の傑作「猟奇的な彼女」もそう)。
がその後、レンタル開始されど常に貸し出し中でいつしかそのまま今に至っていたのだ(そいえばあのドラマ「ロスト」も、だ)。
今回の提供はそのシーズン1と2の48時間分。かつてみた6時間分ふくめ一気呵成にみる。

シーズン1は、やはり傑作。
特に23〜24時の展開で完全に点数アップ。アメリカ映画らしくないラストシーンにも裏切られた・・・。評価5/5。

シ−ズン2は、娘キムのトラブルが本筋からはずれているのはよしとしても、24時間内にしてはあまりにもトラブルが多すぎてかえって興ざめ。本筋の緊迫感がそがれてしまった。
かつ、主人公ジャックが危機一髪で脱する場面も多すぎて、親子ともどもちょっとちょっと運がよすぎるではあ〜りませんか?
と、我輩の少年時代にTVで放映されてたモノクロアメリカドラマ、主人公が崖から車ごと転落しても飛行機から落とされても急流に呑み込まれても次週で必ず助かってる場面から始まった、子供心に「なんでやねん!」というドラマを思い出していた。
でも、ジョージやニーナの“その後”も、そしてこのラストからどうシーズン3に発展していくのかも興味津々の、4/5。

PS.
み終わって“しまって”10数時間ぶっ通しで寝た。
で、夢にも「24」が・・・。
タヌコに「おねがい、みて!」といっても「いや」。
いまや彼女、一韓流ファンではなく、一狂信者である。 以上。

<戻る>