36「ある夜のドライブ」

2.13tue/2007

★予約の食事会

11日(土)は当店貸切の食事会。
次の日もう一組の予約が入っていたけれど翌週に変更していただいたとか。
我が妻タヌコにいわせると、とてもじゃないが二日続けての大量の料理づくりはシンドイらしく、ホッと一息の様子。

11日は20名。
店内つめれば28名は座れるが、松花堂弁当にお付だし、茶碗蒸し、煮物とカラ揚げの各大皿、お吸い物、飲み放題付きで(お一人様3千円。安い、と思う・・・)、それらがテーブル占めると、20名弱が妥当か。みなさん、今後のご参考に。

★予約の偲ぶ会

あいにくこの夜、この食事会と19時からの我が亡父を偲ぶ会とが重なった。
食事会は19時までゆえ、遅れながらもなんとか参加せねばならぬ。
親族一同皆サラリーマンや学生ゆえ、毎年土曜日一泊で設定されるこの会、我ら零細自営業者にとっては死活問題なのだが。将来は我輩を偲ぶ会となるのは必定・・・。

洗い物そのままで19時すぎに店を閉め、偲ぶ会会場の富田林簡保の宿へ。
宴会場利用は21時までとか。急がねばならぬ。疲れきった、というタヌコに代わり我輩クルマを運転。以下Sが我輩、Tがタヌコの発言。会話といえるならだけど・・・。

★会話にならぬ会話

S「さて、どの道行ったらええん?」
T「え〜、知らんの〜?」
S「知らんのって、知ってるはずないやんか」
悪い予感・・・。ちなみに彼女が今回の幹事。
S「地図は?」
T「置いてきた・・・」
S「電話番号は?」
T「置いてきた・・・」
あいもかわらずのタヌコである。
そして刻々と時は過ぎ行く・・・。

S「打ち合わせにはどう行ってん?」
T「家から行った道しかわかれへん・・・でもお墓の近くやわ!途中に案内看板あったから分かるわ!」
今から家まで戻り再スタートなんてとても間に合わず、道が全然違うのに看板なんか見つけられるんか?と言ってもおれず、父の墓から見えた山の上のあの建物かととりあえず車を走らせ・・・墓にさしかかる四つ角へ。

墓から見える建物となればここをたぶん右折・・・と、T「ちがうねん!お墓の方行くねん!そしたら看板あるねん!」
長年墓に通ってるが案内看板なんかみた覚えもないが、と思いつつも断定するタヌコの気迫に押され、直進。

墓への曲がり角にさしかかるも看板みあたらず。
S「ないで」
T「まだまっすぐ!」
どんどん、山の中。周りは真〜っ暗。
S「ないで」
T「どっかで聞こ」
S「どこで聞くねん?民家もなんにもないとこで?」
で、Uターン。

先ほどの四つ角を左折してみる。
あの建物が簡保の宿じゃなかったら今からどうなるねんと不安になってきたころ、案内看板があった。
S「なんでいっつも断定すんねん?いっつも間違ってるやんか?」
T「すみません!すみません!道間違いました!いっつも間違いました!」
S「一回でもええから心の底からそう思えよ、ほんならおんなじ間違いせえへんわ」
T「すみません!すみません!あたしが悪うございました!ございました!」と、いつもと同じ無反省・・・。三つ子の魂百まででアル。

我輩の好きな川柳、「古いが動く、カカア・ナビ」
が、うちのは新しいうちから壊れてた・・・。
本当なら目と鼻の先だった簡保の宿、到着8時20分。

PS.こんなタヌコさん、またまたお昼の営業時間変えました(前回参照)
14日(水)より現在の8時〜18時を、15時までにとのこと。
近い将来はモーニングもやめてランチタイムのみのお昼の営業とし、夕方より家庭料理のお店を始めるとのこと。もちろんバー併設で。詳しくは、また。・・・詳しくなんて、もうコリゴリの気分だけど。

「ある夜のドライブ」完

<戻る>