91「イヤな気分」

3.12wed/2008

★廃墟の奥へ

イヤ〜な気分に・・・。

砂ねずみ購入で、堺・しんかなCITY訪れたことは前回お話しした。
その際、CITYのペットショップではその類の小動物、ハムスターしか見当たらず。
「ハムスター買うとしても五百円ほどやし、二千円分の買い物せな駐車場代とられるし。差額どうしようか」と、あてもなく書店に入ると、目に飛び込んできたのが「スコット・スミス」の著者名。

その新刊文庫本の帯に「『シンプル・プラン』のスコット・スミス待望の第2作!」とあり、「そうかぁ、スミスは今まで2作目出してなかったのか」と。

先日、映画「ジャンパー」みた際(評価2/5)、実はアカデミー賞作「ノーカントリー」みようと思っていた。が、まだ先の上映で、しかたなく「ジャンパー」なんかをみてしまったわけ。
「シンプル・プラン」はその「ノーカントリー」同様、マフィアの金を盗んでしまった村の男たちが殺し屋に追われるという、95年の超弩級傑作サスペンス小説。
13年ぶりのそのスミス新作は、「ルインズ 廃墟の奥へ」(扶桑社ミステリー)
で、作者名だけで、裏表紙の解説なんて目にもせず、即購入。
そして先ほどその下巻読了・・・で、表題の「イヤな気分」に。

傑作です。
アメリカ人青年男女数人がオフシーズンの酷暑メキシコに観光旅行に来ている。ある日、ジャングル奥地の廃墟に観光気分で出かけ・・・。

「う〜ん、これは探検もの?」。読みすすむうちに「殺人もの?」「う〜ん、サバイバルもの?」・・・詳しくはもう述べないけれど、緑の魔境に閉じ込められた人々のヒーローなき絶望の物語。
での読後、アメリカ小説には珍しい絶望感に「イヤ〜な、暗〜い気分・・・」になっての、表題なわけ。
評価、久々の5/5。ただし、好みの別れる作品かも。スミス作という思い込みありかも・・・。

PS:次作まで13年もの空白期間があったことについて。周囲の、デビュー作「シンプル・プラン」が完璧すぎ、これを越えられないのだろうとまで思われてのプレッシャーゆえとか。また「ルインズ」は映画化されているそうだ。

★続・イヤな気分

また「イヤな気分」についてだけど、駐車場代浮かすため「あとなんか買い足さないと・・・」と、これまた久しぶりのディーン・クーンツ新刊「ハズバンド」、今野敏の吉川英治文学新人賞受賞作「隠蔽捜査」、リチャード・マシスン「アイ・アム・レジェンド」買ってしまったあとのこと。

帰りにペットショップ前通ると、別コーナーに「砂ねずみ」ゲージ発見・・・。
で、その値段が1980円。「ルインズ」だけで十分やったわけ・・・。

砂ねずみ入れるケースは自宅にかつてのハムスターのが2個もある。「あと必要なのは?」と店員と相談。
もちろんエサ。プラス・・・給水器。歯が伸びすぎないようにかじるための木片(かまぼこ板は断片がとがってるのでダメと初めて知った)。ゲージの底に敷き詰めるおがくずのようなもの。砂浴び用の焼き砂と、次々に出現・・・。
で、これらと書籍代合計すると・・・・考えたくもないわ。

さらにPS:「アイ・アム・レジェンド」は「吸血鬼」という題で出版され大昔読んだにもかかわらず、内容忘れてるのと駐車場代浮かすため、余分に買ってしまった代物・・・。

★続々・イヤな気分

さらに月曜休みの夜。
我が妻タヌコにさりげなく、「ガレージにハムスターのケースあったよな?」
「またなんか飼うのん!?」
「おまえなぁ、久しぶりにおうてんからガミガミいわんともっとやさしゅういえんか?」
と、タヌコの返答「あれ、捨てたンとちゃうかなぁ」

翌日ガレージひっくりかえすも、あの「豪華」ケース発見できず・・・。
(ケースを店に持ち帰るためにこの日休んだようなものなのに)
で、バケツの底で暮らす我が友のため、あらたにケースを買わねばならぬ。
・・・この砂ねずみ発端で、なんか悪いこと起こりそうな予感。
ん?その相棒、小屋に(これも買った)閉じこもったままやけど。もう、死んだん?

「廃墟の奥へ」完

<戻る>