102「その後の、盛田隆二サン」

6.19thu/2008

★「夜の果てまで」の

前々回紹介した「夜の果てまで」の作者、盛田隆二の本をまとめて読む。以下、簡単に評価。

「ラストワルツ」(角川文庫)
18歳で上京した作者30歳までの自伝的恋愛小説。3/5。
「ニッポンの狩猟期」(角川文庫)
日本の子供達がストリート・チルドレンと化した近未来劇。3/5。
「リセット」(ハルキ文庫)
女子高校生の「いま」を描く。3/5。
「おいしい水」(光文社文庫)
集合住宅に住む主婦たちのいわば「金妻」小説版。4/5。

「夜の果てまで」が最高傑作と知ってしまうとこの4冊、それ以下?の潜入観念で読み進むのがつらかった。
ゆえにマーカス・スティーヴンスの処女作「樹海脱出」(二見書房)を時折読みつつ・・・しかしこの「樹海」、コンゴ内戦下のジャングルに不時着した旅客機から脱出した男のサバイバル小説だけど、主人公のそして捜索に向かう妻の行動に必然性感じられず、かつ無駄な描写が多すぎてページ飛ばしてしまうほど。題材はいいのに評価2/5止まり(結論。二見書房の文庫本はロクなのがない?)

盛田さんは男性作家ながら、女性の視点でそれぞれの世界を事細かに描いた「おいしい水」「リセット」は共に読み応えあり。
個人的にはブルセラ、ドラッグ、援助交際の、恥を忘れたような群像劇「リセット」より、一人の平凡な主婦が自立してゆく「おいしい水」のほうがすがすがしく印象に残る。
※この時点、著者の早稲田文学新人賞「夜よりも長い夢」、野間文芸新人賞「ストリート・チルドレン」、三島由紀夫賞「サウダージ」(それぞれ候補止まり)は、入手できず。

「その後の、盛田隆二サン」完

<戻る>