113「故障の原因?」

10.6mon/2008
★今年も「墨丸忘年会」

本日は休業の予定日。
が、我輩あいかわらず「予定」なんてなくって、店オープン。

この夜来店の墨丸会員541号てら吉クン、同じこと考えていたようで、互いに発した言葉が、「今年の忘年会は・・・」
で、二人でざっと参加可能者をリストアップしてみると、約20数名。実参加者10数名として、問題は開催するお店。
(「墨丸で」という声もあるけれど、年に一度くらいは皆さんそろって外で飲みたいわけで。我輩が)
知り合いの、座敷ある個人経営の居酒屋さんがどんどんなくなり・・・どなたか10数名入れるお店(我孫子、長居)ご存知でしたらご紹介を。
実施日は12月7日(日)、午後8時からと一応決定す。

★ホントは・・・

実は昨夜就寝前まで、本日は休むつもり。
墨丸会員787号ネチャーエフ氏(モンモン団会長)、「梅田で女性達と飲み会あります、どう?」ってんで・・・で、我輩8月18日の休業日から帰宅していず、いまだ夏服のまま。急に涼しくなった昨今「だったら上着いるよなぁ」と車でダイヤモンドシティへショッピング行。

ああ、日曜日やった・・・。
大和川の橋からすでにダイヤモンドシティ駐車場空き待ちの車数珠つなぎ。
「こらアカンわ〜」とわき道にそれUターンしようとすると、そこも車の列。
結局、松原方面大回りで帰店。

この時点ではまだ梅田に行く気満々だった。
自転車でダイヤモンドシティへ。夕食に阪急サンマルコのカレー食べたくもあり・・・で、館内放送「ご迷惑おかけしております。ただいま駐車場出庫に約1時間かかっております」
入るにも出るにもこんな時間のかかるようなとこ、我輩やったらゼッタイ車でけぇへんなぁ・・・。

で、帰り道、雨に降られ・・・。
こんなに苦労したというのに、目覚めるとなぜか梅田に行く気力がなくなっていた・・・のだ。

10.9thu.
★修理

店設置のDVDレコーダー(シャープDVーHR300。2004年製)、この2年弱で4度目の修理。

ディスク入れると「規格外です」との表示。
その日に録画したはずの、いまだみたことがない名作日本映画「君の名は」第3部が録画出来ていず。この表示が出てしまうと、同じディスクに録画していた第1部からが、もうみれなくなるというハイテク機器のバカ・・・。

当初この表示が出るとホントに規格外と思い、メイドインジャパンのディスクをわざわざ買ってみたけれどやはり「規格外です」。レンタルDVDを借りて入れても「規格外です」。いったい何が「規格外です」なんや?
要するに、ディスクの情報を機械が読み取れなくなったわけ(じゃあ「規格外です」じゃないだろに?)
昔、ビデオ・DVD再生シャープDVーRC600買った時、レンタルDVD入れると「規格外です」。当時はまだビデオが主流だったゆえそのままDVD使わず保証期間過ぎてから気づいた。どのディスクも「規格外です」となることに。このRC600、最初から不良品だったのだ。修理センターに苦情言ってももちろんムダ・・・。

★原因

三人目の修理マンで「なんとなく」理解できる説明が聞けた。
「飲食店での精密機器使用は、レコーダーの場合最短3ヶ月で壊れます。CDコンポも同様です」
なんで〜?
「タバコの煙、調理場の油煙、閉店後の室内温度の差・・・。録画は自宅でしませんと・・・」

そして本日、7ヶ月目でふたたび前回の三人目の修理マン来訪。
「ね?やっぱりダメでしょ?」(自信満々にいわれても・・・)
「わざわざ扇風機で風をあてて煙を防止してるんですけど・・・」
「それでもダメです」(このあたりがようワカラン・・・)

買い替えも考えたけれど、いままで録画した大量のディスク、このDVーHR300でないとファイナライズ(面倒なことに、他の機器で再生するにはまずこの処理をせねばならぬ)できないということは、修理せねばすべてムダになってしまうのだった・・・。

我輩からの助言。
3年、5年という長期保証契約を結ぶべし、だ。
家庭内使用でもレコーダーは5年前後でイカレるとか。ゆえに今回のケースの場合のように自然故障だと全て無料になったはず。我輩はず〜っと修理代金払い続けてきた・・・ビデオやカセットの時代が懐かしいわ。

10.10fri.
★ブルー・ヘヴン

「ブルー・ヘブン」(C・J・ボックス。ハヤカワ文庫)
「男が惚れる小説」のキャッチコピー。かつ訳者あとがきの「500ページを超える大作にもかかわらず、『読み出したら止まらない!』せいで150ページほどの作品に感じられる」云々に惹かれて読む。

カナダにほど近いアイダホ州の森で幼い姉弟が殺人現場を目撃。犯人はこの田舎町で退職生活を始めたロサンジェルス市警の元警官四人。彼らは町の保安官のタスクホースとして官憲の力をバックに、目撃者抹殺のため姉弟を追いつめてゆく・・・。

神話的存在とまでいわれた敏腕の元警官たちに対するは、姉弟を守り抜こうとする老カウボーイとその親友の老銀行マン。そして銃を撃った事さえない退職老刑事。いわば戦いのプロ対アマチュアなのだ。この設定はイイ。
イイんだけれど最近のサスペンス小説、ハリウッド映画衰退理由と同様、総体的に「アッ、斬新!」との展開待ち受けていず。極端にいうと日本の、毎回同様の俳優達による単純起承転結ドラマ「サスペンス劇場」や「水戸黄門」のようなのだ。

おまけにこの作品、冒頭から「ランチ」という単語が頻繁に出てくる。
物語の流れから「牧場」の意とは分かるんだけど、思い切って調べるまでイライラ。
結果「RANCH(北西部・カナダの)放牧場」だったが、北西部の放牧場をランチというなんて分かる人は分かるの?「ランチハウス」なんて単語が出てきたときには飯食う所や否や、であった・・・。

結果、「150ページじゃなく、500ページ」のまま(訳者の評価は当てにはならずの好例)
でも、前回紹介の「ロスト・エコー」同様、悪党の描き方はハードで(刺激を求める最近の風潮の反映か)、世も末ですけどおまけの、評価3/5。

10.11sat.
★ボージェスト

2日からランチ再開し、昼前に起床しなければならない。
で、宣言通り「飲みに出る」ことがなくなり、生活にもメリハリが・・・。
でも、午前12時までは自主的には「飲まない」はなかなか守れず。あいかわらず、仕事を終え夜食を摂りながら、眠気が生ずるまで録画した映画をみている。印象に残ったのは、米映画「ボージェスト」

1966年当時、映画館でリメイク版をみた。
あの「刑事コジャック」のハゲ頭のテリー・サバラスが悪役で出ていた。
印象に残ってるシーンは、砂漠に孤立するフランス外人部隊の砦。そこに援軍が到着すると、銃眼に兵士達の姿がみえるのになんの返答もない。砦の兵士達はまるで生きているかのように銃をかまえたまま全員が死亡していたのだ。この状況はいったいなんなのだ?で始まる作品。
その1939年版、ゲイリー・クーパー主演作を今回みたのだ。
冒頭の「謎」はやはり興味を惹くが、旧新ともその場面だけが印象に残る作品だった。

★フライ・ダディ

もう一本は韓国映画「フライ・ダディ」
金城一紀原作(未読)、東映映画「フライ、ダディ、フライ」のリメイク版。
愛娘をカラオケ店で暴行される。相手の不良高校生が有力者の息子兼高校ボクシングチャンピオンゆえ、泣き寝入りさせられた平凡サラリーマンの父親が主人公。その父親がある少年と出会い、ケンカの手法を学んで復讐に立ち上がる、という物語。日本版は、岡田准一と堤真一主演。
ストーリーの細やかさは日本。ラストの切れの良さは韓国か。トレーニングを重ねるにつれ、ダメな父親が変貌してゆくさまが見ごたえのおすすめの1本。どっちが?まぁ、日本版からどうぞ。

「故障の原因?」完

<戻る>