120「09年は「半身」でスタート」

1.1thu/2009
★あけましておめでとうございます。

12月28日(日・我輩誕生日)、当我孫子店1周年。墨丸創業16年と5ヶ月をも迎えました。
周年行事の三日間、お寒い中ご来店いただいた方々、ありがとうございました。また、年末等でご来店いただけなかった方々ふくめ、みなさん今後とも墨丸応援のほどよろしくお願い申し上げます。

さて、オープン以来1年間片付けていなかった事務机周囲を昨夕から本日にかけ、ようやく(一応)整理で、大掃除終了(一応)。本日休日ゆえ、この後の夜中、どう過ごそうかと思案。

「寂しい夜中、いつでもつきあいますから電話してきて」のネチャーエフ氏に「ヒマだったらどっか飲みにいきましょか?」とメールすると、「ヘイヘイ、今ディナーやってるよ!イチャイチャだ。ハハハ」と、いとも簡単に無視。なんやねん!
飲み仲間のポストマンに「遅々、飲みにいこか?」と電話すると、「遅々ですと・・・明日、朝から用事ありますねん、すんません」
え〜っと、あとこの時期ひとり孤独にいるのは(失礼)?と、龍ちゃんにメール。

深夜過ぎ、「あれ、龍ちゃん返信ないやん?」で、ハタと思い出した。
メール途中に野暮用電話かかってき、メール途中で止めたんだった・・・。
こうして新年の夜はむなしく更けていった・・・。

1.2fri.
★帰宅行

夕方まで新年のオープン準備し、午後4時すぎより8月18日以来の帰宅行(よう帰り道覚えとったわ)
この夜のことは記憶に留めたくないのでこれ以上記さず(正月やぞ)

ただ、兄弟家族一同24人集まっての新年会脱け出し、夜8時過ぎから翌昼の12時過ぎまで眠り続けていた・・・。これは、常々店のソファで寝てるため、布団で寝付けないせいと、目覚めて我が妻リ・フジンと顔を会わせるのがイヤなもあって(正月やぞ)
一階の宴席から長男が「子供ら、降りてこい!いまから新年の抱負ひとりづつ言うで〜!」の言葉聴きながら、そうそう年末、お客サンから「今年を四文字で言いあらわすならば」とお題出され、墨丸会員20号せいざぶろうが、我輩の代わりに「四苦八苦」と言ったのを思い出し、ああ今年もそれではないか・・・と暗い眠りに陥っていったのであります(正月やぞ)

1.5mon.
★半身

「読む者をいずこへ連れ去るのか?」とは、文庫本裏表紙のあらすじの言葉。
う〜む、サマセット・モーム賞他数々の文学賞に輝き、「04年このミステリーがすごい!」海外小説ベスト1に選ばれた、この淡々とした物語展開のどこが「すごい」のか?と、読みながら(ちなみに08年ベスト1は前回紹介の「チャイルド44」)・・・。

19世紀の英国。テムズ河畔にそびえる陰鬱なミルバンク監獄。そこに慰問に訪れた貴婦人マーガレットは清楚な女囚シライナに出会う。
シライナはなぜこの過酷な牢獄に?霊媒だというその少女との交流を重ねてゆくなか、霊が引き起こすかのような不可思議な出来事がマーガレットの周囲で起こり始めるとともに、マーガレットは次第にシライナに惹かれはじめ・・・。

訳者あとがきにあるように、「これはどんな本なのだろう。読み進む間、それがずっと不思議だった。歴史小説だろうか。ラブストーリーだろうか。ゴシックホラーだろうか。ミステリーだろうか」
そう、まさに「いずこへ連れ去って」くれる小説なのか・・・その疑問が終章まで。そしてそこでの晴天の霹靂のごとき結末!すごい。
これが、サラ・ウォーターズ「半身」(創元推理文庫)。評価5/5。

他に年末年始にかけ読んだのは・・・

「治療島」(セバスチャン・フィツェック。柏書房)
ドイツでの06年ベストセラーのスリラー。
ある日突然、精神科医の愛娘が失踪。4年後、小さな島の別荘で失意の日々を送る父親のもとに、児童文学作家のアンナと名乗る患者が訪ねてくる。彼女は自分の書く物語がすべて現実化するのだといい、愛娘とそっくりな少女が親の前から姿を隠す物語を語り始める・・・。彼女は何かを知っているのか、それとも誘拐犯なのか・・・。

冒頭から異様な物語世界に引き込まれる。が、この異様さが読み進むにつれ「もしかしたら?」につながってしまい・・・でもこの作家の他作品も読みたくなっての、4/5。

「時空を超えて」(ギヨーム・ミュッソ。小学館文庫)
60歳の医師エリオットはカンボジアで子供を救った礼として、老人から「望みをかなえられる」という10錠の薬を渡される。半信半疑で飲んでみると、死んでしまった恋人が生きている30年前にタイムスリップ。1錠につき過去に戻れるのはたった数分。果して彼は彼女の死を止めることができるのか?

訳が悪いのか原作のせいなのか、赤川次郎本を読んでるような前半。が後半、秀作映画「バタフライ・エフェクト」的パラドックス世界で、4/5。

「09年は「半身」でスタート」完

<戻る>