123「シ.ュールな一日」

1.26mon/2009

★銀行で

堺の某銀行専用駐車場に車を入れようとしたら、世間が給料日後だったせいか入り口付近、ハザードランプ点けた車数台停車中。
「あ〜、駐車場満杯かよ〜」とその先に路駐。
で、銀行に歩いて戻ると「なんや、駐車場空いとるやんか」
わざわざ車入れんのめんどうなんかもしれんけど、出入り口に路駐すんなよなぁ・・・。

ATМに入金後、窓口が開いてる時間だったので、もう数ヶ月ほったらかしの事柄をついでに相談。
新しい銀行カードが届いたんだけれど、誤って新しい方を破棄してしまってそのままだったのだ。

で、フロアの案内嬢いわく、「印鑑お持ちですか?」
「いえ」
「では係りのものに聞いてまいりますので」
しばし待たされてのち、順番待ちの520番のカード渡され、「のちほど窓口の係りが承ります」
で、さらに待たされようやく窓口に呼び出される。

窓口の女性いわく
「はい、ご用件は?」
「え〜?さっき説明したんですけど」(で、かくかくしかじか・・・)
「印鑑お持ちですか?」
「へ?いえ・・・」(持ってない、いうてたやろ・・・)

で、なぜかいままでよりも待たされて、「この用紙にお名前とご住所を」
記入して渡すと「印鑑が必要ですので、この欄に捺印してまたお越しください」(あんなぁ、「印鑑要」伝えるだけでなんで時間かかんねん・・・)
な〜んかシュールな気分。

特にこの銀行の女子職員、最近制服じゃなくなって私服に(それも各々あんまりセンスが・・・)、そういう雰囲気からしてプロっていうより、なんかお客サンごっこしてるような、おちょくられてるような・・・。

★さくら銀行で

むかし、さくら銀行があった頃。
「キャッシュカードをお忘れでした」と、さくら銀行某支店から連絡が。
丁度今日とおなじ給料日過ぎで混雑している銀行窓口におもむき、恐縮しながら窓口の男性に「(かくかくしかじか)お手数かけて申し訳ございません」
「はい、では少々お待ちくださいませ」
で、その男性の正面に位置するフロアのソファに腰掛けて・・・。

忙しそ〜やなぁ・・・時間かかるなぁ・・・まだかいな・・・と、待ち続けての途中、フロアの案内嬢が「ご用件承っておりますでしょうか?」
「はい」と、返答したその前後くらいから、「これはおかしい?」
で、(待ていうんやったら、待ったろう〜やないか)と、覚悟を決める。

午後3時前。
「まもなく閉店です」のアナウンスが流れる。
でも待ちつづける。
シャッターの閉まりはじまる音がする。
でも座りつづける。
ほかにもうお客はいない。
読み飽きた週刊誌にらみつづける・・・。

と、そのとき!
1時間も前(だったか?2時間だったか?今は昔でもう忘れたけれどの長時間)、訪問時会話した正面窓口男性銀行員、我輩に「ご用件承っておりますでしょうか?」
我輩すっくと立ち上がり、「そのおまえに何時間も前にいうとるやろがぁ〜!」

・・・あ〜、スッとした。
みんな銀行強盗かもと思とったやろなぁ。
あの銀行員、あの後おこられたやろなぁ。
大金預金してたら全部引き上げたかった・・・。

★路駐の車が

で(本日の話題に戻って)路駐していた車に戻ると、カーラジオはかかるけれど、エンジンかからん・・・ハザードつけっぱなしで、バッテリーが切れていた。

エネオスカード持っていたので、無料ロードサービス呼び出す。
「30分ほど要します」だったが15分ほどで近畿レッカーの車両が対向車線に。
合図しようとウインドー下げるためキーをまわしたら・・・エンジンかかった。

ま、ええやろ。黙っとこ・・・。
気のよさそうなオジサンに充電してもらい、では出発、と下げてた運転席側のウインドーが、あ、あがらん・・・?
左のは?下がった・・・あ?でも閉まらん?
両方の窓全開になったまま閉めれなくなってしまった・・・。
まだいた気のよさそうなレッカー・オジサン呼びとめ、「ウ、ウインドーが・・・」

・・・オジサンいろいろ試したあげく、わざわざディラーに電話までしてくれたけれど、「こりゃ、直接ディラーにみてもらわんと。原因わかりませんわ」
両サイド全開してしまったウインドーうらめしくみつめながら我輩、「この寒空、30キロ先のディラーまでかよ・・・」と、ポツリ。
と、オジサン「この先の国道にダイハツありまっせ」

★ディラーで

では出発・・・この1週間、我輩風邪で連日39度の高熱が続き、本日ようやく平熱に戻ったかもというときに「真冬に車の窓全開かよ〜」とうんざりしつつ・・・な〜んか、シュール。

ガタガタ震えながらダイハツの駐車場へ乗り入れた。
出てきた気のよさそうなニイチャンに「バ、バッテリー充電してもらったとたん、ウ、ウインドー、う、動かへんねん(お〜、さぶ!)」
ニイチャン、「え〜?」とウインドーから車内に身をいれスイッチオン。
あ、閉まった・・・。
ニイチャン「いったん作動したあとだと点検しても原因はつかめませんねぇ」
おいおい大丈夫かよ・・・。

・・・な〜んかすべてが全て、シュールな一日だった。
いま思うと、バッテリーが完全に充電されていなかったのでは?
走行で完全充電されて、ダイハツで作動したわけだ。ね?レッカー・おじさん?!

「シュールな一日」完

<戻る>