154「幻のストラップ」

10.5mon/2009

★新企画

オリジナル「携帯ストラップ」「ステッカー」プレゼント企画中!

先月、螢瀬ぅ営業マンMくん来店。
「社長からのプレゼントで〜す」と手渡されたのは、我輩似顔絵をワンポイントマークにしたポロシャツ二点。う〜ん、うれしいけど、着るのはちょっと恥ずかしいかな?

ダイキの社長は我輩がサラリーマンの約30年前、東京の職場から大阪本社に
戻った際に初めてセールスに来られ、我輩にとっても本社で初めて面談した記念すべき業者さん。
同年代かつ同じ和歌山県人ということでその後個人的にも親しくなり、我輩独立後もお客サンの顔写真を撮り込んで作る、知る人ぞ知る「オリジナルカレンダー」システムを導入させていただいたりも。
(この「カレンダー」、評判良かったけれど、使用するポラロイドカメラの衰退と共に取り扱い中止に・・・)

営業マンのMくんと話すうちに思い出したのが、これも作っていただいた、「墨丸ストラップ」のこと。
これは我輩にとっては「幻のストラップ」。すべてを常連サンにプレゼントしてしまい、当の我輩手元にはひとつも残らなかったという代物・・・。
現在の墨丸会員数は800番台だが、当時300番台の方々がいまでも持っておられるのをみかける。

で、「ああいうの、まだ作ってるの?」
「スミさん、いまや我が社はあれがメイン商品なんですよ」
「へぇ〜」ということで、後日いくつかのサンプルを拝見。
(以前のダイキ・メイングッズは、ニコニコバッチで有名になった「缶バッチ」)

「墨丸ストラップ」当時に比べ、今や携帯は必需品。
「よ〜し、今度はコレを携帯ストラップとしてプレゼント商品にしよか?」
と相成って、現在デザイン等企画中。
既存のオリジナルステッカーとあわせてのプレゼントは、多分今月中にはスタート。乞うご期待!

あわせて、似顔絵ポロシャツからの発想で、新制服も作ってもらおうかな、などとささやかな商売人の夢は果てしなくつづき、こうしてなけなしの、いや、まだ見ぬ金が消えていくのであった・・・。

「幻のストラップ」完

<戻る>