159「震える湯ぶねは43℃」

10.31sat/2009

★冬支度に

午前5時半過ぎに最後のお客サンが退出。
日曜日から冬将軍到来というので(夏将軍とはなぜいわん?)、冬支度のため久しぶりに帰宅することに。

初夏の頃、夏支度に「高野山たどり着き隊物語」(※)のドライブ途中、自宅に寄ったとき以来か。いや、愛犬チョークが死に掛けていた夏の終わりにも帰ったんだったっけ・・・。
※この物語については先日、高野山出身の墨丸会員62号高野山の怪物が「知らんかったなぁ、書かれてること。親父に聞いたら、木の枝折って夜中の山道歩いたって言うとったわ。もう書くことないん?」というので、また続編考えて、後日。

★拷問風呂

で、「風呂沸かしといて」と我が妻リ・フジンにメール。
リ・フジンはメールなどこまめに見るタイプではないので、帰宅して顔あわせた母に「風呂沸かしてや」「沸いてるよ」で、風呂場へ直行。

風呂場の扉開けたとたん、「むっ、むむ!」
目に沁みるほどのミントの香り、いや強烈なむせかえるようなこれは臭気!
「な、なんやねん」と、軽いパニックに陥りながら風呂場みわたせど、いつも通りの狭い空間。
「・・・季節外れの入浴剤か?あのクールバスクリンちゅうやつか?」と、再度みわたせど、それらしき容器もなし。
恐る恐る湯船みると、湯の表面が光ってるではないか、ギラギラと。
「入れすぎちゃうかぁ。いや、バスクリンちゃうかったらどうしょ・・・」と、はたまた恐る恐る(まさか硫酸とか変なもんでもないやろと)湯船につかる。

いつも通り、湯ぶねで文庫本を開く。
しばらくすると、ジンジン身体が冷えてくる。
皮膚表面から冷えてくるのが実感として、わかる。
皮膚と湯の間に冷水膜があるような・・・。
次第に本読むどころではなくなってきて、「うん?設定温度は?」と見ると、43度も。
本なげだして、首までつかる。
温めようと身体をさする。
体中がぬるぬるする。
もしかするとこれは湯ではなく、入浴剤に浸かってるのではあるまいか?

「・・・さ、さぶう〜!」
と、たまらず湯船からでて、シャワー全開。
全開しつつ、身体を洗う。
・・・洗い終わったあと、ふたたび湯船に身を沈める勇気はもうなかった。

「年とった母が間違って入浴剤入れすぎたのか?それとも、我が妻タヌコ、いやリ・フジンわざとの仕業か・・・。いや、そこまでの知恵者ではないはず。ならばタヌコの名の通り、行き当たりバッタリ、あてずっぽう、いいかげん&ご主人様をご主人様とも思わぬ南方生まれ、巳年、さそり座の不遜な性格の、これはあらわれなのか?」

43度もの湯船につかって震えたのは初めての経験であった。
いや、暖かな家庭といわずとも、せめて暖かな風呂にさえも入れぬわが身かえりみての、悲しみのあまりの震えもふくまれていたのかもしれぬ・・・。

真偽については、いまだリ・フジンとの冷たい戦争中ゆえ確かめるすべもない(通常なら「ごめ〜ん!」といわれ、その言葉発しつつ同時に罪悪感忘れていくリ・フジンゆえの性格ゆえ、もうどっちでももういいンだが)
「夏場なら、これは最適やん?」と己をなぐさめたにとどまった次第。が、こんな調子で来年の夏まで生きながらえるやろか?

「震える湯ぶねは43℃」完

<戻る>