195「ささやかな買い物」(人形)

8.5thu/2010

★アイロン

この時期の墨丸制服は、クリーニングに出すほどでもないTシャツ。
・・・なんだけど、コインランドリーから持ち帰り、ふかふかの状態ですぐ収納すればまだしも、洗濯物用ごみ袋に突っ込んだまま少しおくともうしわくちゃ。

「アイロン必要かな?」程度の気持ちで最近、電器屋の前通りかかるたびになんとなく物色。こんなウインドゥショッピングもわびしいな。でも綿パンもシワ目立つし・・・去年はどうしてた?と思いつつ、ヤマダ電機でセール品最低価格2500円位でしたか。

2日、たまたま堺・蔵前のコーナンに出向くと、なんと「998円」のを発見!
一瞬目を疑った。998円ですぞ、アイロンが(原価いくらやねん?中国製&発売元コーナンやけど)
それが、ドライ専用とドライ&スチームの二機種あり。

「ドライ専用ってなんや・・・?」
ドライ専用パッケージの箱開けて取説みれど、「わからん・・・。スチームないだけのことやろか?ドライ専用の生地用やろか?そんな生地あるんやろか?霧吹きあったらドライでええんやろか?霧吹き自体の必要性もようわからんけど。そういや、あて布ってのもなんやろ・・・」

もちろん、同価格なら両機能付のがええやろ?と、サンプル品以外の品探せど在庫ナシ?
周囲に店員いず、「う〜む、ドライのを買うべきか?後日来てスチームのを買うべきか?」
めんどくさくなって、しわくちゃでもなんでももうええわと帰りかけると店員に出くわし、「スチームの在庫ないんですか?」「ないですねぇ」「入荷します?」「わかりませんねぇ」
で、取説だけ見つけてもらい箱なしで、展示品スチーム品、買いました。

Tシャツ、早速アイロン掛け。
思い返すと高校三年生の下宿生活当時、小雪舞う屋外で、タライと洗濯板と水で両手を真っ赤にしつつ洗濯はしたことあるけれど、あのころアイロンなんて使ったっけ?もしかして生涯初めてのアイロン掛けかもしれん・・・。
で、「あかん・・・」
店オープン間際で時間がなかったせいか、「アイロン掛け万歳!」の完成状態とはほど遠く・・・。

ps;下宿先は、172「パルナシオン 君といた夏」登場の先輩が引き払ったあとの屋根裏部屋。「屋根裏という名の城」と名づけ、隣部屋には他校の男子下級生、ヘアースタイルから「ドイツのヘルメット」と名づけたそやつがいた。ベニヤ壁と天井の隙間から顔をのぞかせては「なにしてんの〜」と声かけられるプライバシーなど全くない部屋。門限10時で、窓の格子を2〜3本取り外しできるよう細工し、屋根から電柱伝っては出かけ、後年、空家のそこに行ってみると、ぽっかりとその部分、格子がなくなっていた。青春の遺跡。

★人形

ふふふ、腹話術用の人形です。
リサイクルショップで980円。
初めて見つけたとき、「こんなん店に置いてたら、夜中気持ち悪いやろな〜」と、70年代にみたアメリカ映画「マジック」思い出し、ゾクゾク。
腹話術師コーキーが愛用の人形に操られ殺人を犯すというホラー映画の秀作。
若きアンソニー・ホプキンスが腹話術師を演じていて、以来その類の人形見るたびに軽いトラウマを感じていたので、買いませんでした。

後日の29日、仕入れ帰りにそのショップ前を通りかかると、「全品20%オフ!」
以前もオフの際、エイリアンのフィギュアを何百円かで買ったこともあり、で今回も安さにつられ買いました。新品784円也。
名を「ダミン」と名づけ(コーキーにしょうかと一瞬思ってしまった。名を呼ぶたびに、人形の名を呼ぶのもおかしいけど、ゾクゾクしそうなのでやめた。
で、ハムスター、砂ネズミ2匹に続く、始終寝ているだけゆえの「惰眠」からの命名。ま、初代は我輩だけど)、いま椅子に座ってます。残念ながら男です。
トラウマ克服して腹話術練習しょうか、とも思い始めてる昨今でした。

「ささやかな買い物」つづく

<戻る>