199「くそ!」

12.7tue/2010

★ガラス

3日は凄い風だった。
前夜から3日にかけ、刻々と変わる天気予報チェックしつつ「う〜む、あしたは雨か?ランチ休めるか?」(雨の日はランチ休み。で、なかなか休めぬ)
最近酔わないと眠れずしてこの日は朝8時ごろようやく寝入った。ランチオープンだと3時間しか眠れやしない・・・。

起きる。窓の外をみる。
「なんや、かんかん照り!」
最新の予報だと朝方に雨いったんやみ、午後一番から風も強しだったけど、限りなき青空。
また予報外れた・・・と11時45分、仕方なくオープン。
と12時10分過ぎ、にわかに暗雲立ち込め風と共に雨降り出し・・・で「休んだろ!」と、収納したばかりの「欠陥折りたたみ鉄骨ベッド」出し(この商品については121を)、「あ〜、久しぶりにぐっすりや!」との寝入りばな、「ガッシャン!ガラガラ!バッタン!バッタン!」

久しぶりに飛び起きた(阪神大震災以来・・・)
入り口脇の窓が強風にあおわれ開いた衝撃で、窓ガラスが粉々・・・。

あ〜あ〜、堪忍!
・・・とりあえずゴミ袋でカバー。
でもあまりの強風で押しピン留めのそれもあおわれ、はがれ・・・。
コーナンでアクリル板買ってはめ込むか、とも思ったが、こんな様じゃ店留守できるわけもなく。

で、電話帳でガラス屋探し・・・むかし利用した西田辺のガラス屋なんてもう廃業したのか近辺にもガラス屋なく、掲載電話先が異常に多い「ガラスの救急車」という会社の住吉我孫子地区受付に電話。
10分後くらいに担当者から折り返し電話させます、とのことだったのに30分以上経過しても連絡なく、ここって信用できる?と思いつつ再度電話。
そんなこんなでガラス屋到着4時過ぎでしたか(「救急車」ちゃうやんね?)

なんでこんなに時間かかったのかと「忙しいんですか?」と問えば、「年末にかけてガラス割っての泥棒が多いんです。岐阜から転勤してきたんですけど大阪ってこんなに泥棒が多いのかと驚きました。ここへ来る前もその処理で」

で、見積もり聞けば、「90×90サイズが規格サイズで、ここのは115×45ですね。厚さ3ミリですから、1万6千円」(・・・かかっても五千円位かと思ってた)
「2ミリくらいのんでええわ」「ガラスってハガキサイズでも規格サイズ料金なんで心苦しくって。担当の判断でその辺は調整させていただく場合も・・・3ミリ厚で1万2千円でどうです?」
制服胸の会社名みれば「旭硝子」。ぼったくり屋でもあるまいと、仕方なく了承・・・。でも、くそ!くそ!くそ!・・・やね?

以前、墨丸韓国ツアーの際に印象に残ったのが、旅行会社の送迎バスからみたソウル市街のマンション群の窓ガラス。
それらがブルー色で非常に新鮮な趣。で、墨丸2号店改装の際に工事担当者に色ガラス使えないかと聞くと、確かそのときの返答では在庫がないとのことで・・・。
で、今回参考に(割高やろうから入れるつもりもなく)そのこと聞いてみた。・・・色ガラスって強度的に弱いんだと。
また、よく見かける針金入りのガラス。あれもガラスと針金の膨張率の差から割れやすく、今はもう生産中止。共に在庫分で対応しているとか。
科学が進歩しているというのにこんな世界もあるんだと、この日これだけは勉強になった。いや、いや、窓は常日頃きっちりロックしておくってこともね。でも、くそ!くそ!くそ!

★積んでは崩し

これを記してて、ふと思った。
わしって一日中働いてるみたい?それがお金になりゃいいけど、なんか強迫観念にとらわれてボ〜ッとしてる間もなく、寝る直前だけホッとするなんて人生、コレってなんやろ?

直木賞作家、南條範夫の著書に「積んでは崩し」って時代小説がある。
戦国時代の虜囚が城の石垣積み命じられ、酷使と飢えに苛まれながらようやく完成させ一同歓声あげたとたん、「崩せ」との命令。それを延々と繰り返させられるって残酷物語だった(ユダヤ人強制収容所の映画でもこういうのがあった。南條さんの残酷物はオススメで、受賞作の「燈台鬼」なんて傑作)、あ〜、なんかこんなマイナス的な、そんな世界に生きてるように思えてきて、悶々・・・。

でも、先日wowowでみた「悪夢のエレベーター」って日本映画にいいセリフがあったことを続いて気づくのが、我が能天気さ。

愛人に裏切られ、マンション屋上から飛び降り自殺しようとする女に、第三者の男が止めにはいる。
男は確かこんなこと言った。ボク風に大阪弁で言うと、以下・・・

「生きてればええこともあるわ、そやろ?・・・いや、生きててええことなんてあるわけないな。それより苦しゅうて嫌なことばっかりや。でもな、そんな苦し〜いときに今夜のこと思い出してみ、なんや、あんな苦しみなんてって思えるで、きっと」
で、女は自殺を思いとどまるわけ。
この映画、期待してはいなかったけれど、どんでん返しありで結構オススメ。原作本もあり。

★「今夜の迷言!」

お客のY嬢との会話。
Y嬢「マスター、もっと怒ってください」
ボク「じゃ、二階の店にいってもらおか〜。ムチ置いてるでぇ」とヤクザっぽく。
Y嬢「行ってみた〜い!」
ボク「むちむちプリンって店やけど」
Y嬢「わぁ、行ってみた〜い!」
・・・二階に店作っとくンやった。

「くそ!」完

<戻る>