222「時計仕掛けのオレンジの悪夢」(後編)

10.18tue/2011

★再び、労災病院

本日、堺の労災病院再訪。
「時計仕掛けのオレンジの悪夢」(中篇)でのレーザー手術後の初検査日。

午前の予約ゆえ昨日も早仕舞いの予定が、やはり終業午前4時過ぎ。
でも9時過ぎにはふと目覚め(日本人は死地に赴く際にはこのように潔くなるものだ)、何があっても恥じぬよう下着も替えての身支度。で、いざ駐車場へ。
と、忘れモン。

前回、瞳孔開く点眼薬で日の光りまぶしすぎての車での帰り道、信号見落としかけたのを思い出したのだ。で、サングラス取りに店にUターン。車で行ったらアカンねんけど・・・。
で、う〜む、予約時間ギリギリ病院着となる。
が、う〜む、駐車場満杯ではないか。
で、う〜む、予約時間に25分も遅れてしまって、思えばぜんぜん潔くなかった・・・。

今日の検査ですべてが終わるのか?
次の段階のよりハードな手術となるのか?
そんな手術経験者のお客さんいわく「針が突き刺さってくるのがみえるのよ!これがもう麻酔してても痛いんよッ〜!」
こんなの想像もできぬ。いや、したくもない・・・。
かつ前回同様、いや以上の高額治療費請求されたら今後の我が生活は?
・・・などなど、潔い日本人とも思えぬ煩悩過多のまま、検査時間迎えてしまった。

凡人には思いがけないことが起こるものだ・・・。
前回と同じ担当若輩センセ、検査の後「う〜ん、今日もレーザーですね」

・・・今回、手術後の治療措置もしくは別種の手術か、そのふたつに一つしか思い浮かべていず、いや本音では、なんにもナシだろうとО型の我わけもなく楽観していた。
あの黄色いチカチカ・レーザー光線拷問ふたたびとは夢にも思っていず、もう屠殺場に引かれる豚の気分、蛇の生殺し気分。

「あのぅ、これで直らなかったら次の手術というは・・・」
「内部手術と外部手術がありまして、リスクは内部手術のほうが」云々。
「いやセンセ、そんなことよりそれらはやっぱり痛いんですか?」
「痛いです。内部手術の方がとくに」
「・・・」
我輩、打撲および切る分には多少耐性ありかもなんだけれど、刺されるという行為にはおぞましさを覚える、いわば先端恐怖症持ち
成人してからの注射など、採血時以外にしたこともない。
そんな採血時にも看護婦さんに「注射嫌いでしょ?」といわれるほどの分かりやすいタイプ。

今回は若輩センセ、あのアゴと額をつける器具にボクの頭をベルトで縛り付け固定(これだけでも想像できるだろう、いかなる拷問か)
そして前回、これはなに?と思っていたテーブルから突き出した左右の棒、さわってみるとそれは手でつかみ、痛みに耐えるための(ボクはそう思う)鉄棒だった(これでも分かるだろう、激痛のほどが)
が、左側の鉄棒付近にはコード類が邪魔ですんなり握れず、仕方なく右手だけに力を込め握り締め、あの衝撃に備えた。

センセ「前回、痛かったですか?」
我輩「痛いですよ!!」と、思わず感嘆符ふたつ分くらいの返事。
センセ「ふふふ」と、笑った気がした・・・。

で、例の黒い円筒形物体をまず眼の中に入れた。
初回は眼中に入れるというショックもあってのプラス痛みだったけれど、今回は経験済みのせいかその痛み多少軽減。ま、あとからのを知っているゆえが正しいか・・・。
そしてあのまぶしすぎる光の瞳孔照射へて・・・「さぁ〜、次はレーザーやぞ」と身構えた。

凡人には思いがけないことはつづくものだ。
身構えたとたん「ズキーンッ!」「痛たーッ!」

前回は「チカチカチカ・・・ズキン!」やったのに、不意打ち。
センセ、「ハイ!額つけて!動いちゃダメ!」
ん?ベルトで頭動かせんけど?ひょっとしてセンセ、うろたえてる?機械の操作まちごうた?

地獄に仏だったのは、今回は右目だけだったこと。
いや、もうセンセ動揺して左目するのに恐れ感じた?
かつチカチカ・レーザー光線回数も前回より若干少なかった。
でも前回に比べなぜか心身ともに疲労困憊。また目の奥がズキズキもして頭まで痛く・・・操作ミス的「ズキン!」のせいか?

こうしてのち前回同様、待合室で涙流しながら呼ばれるのを待ちつづけ・・・「はて、なかなか名前呼んでくれへん?」
で、通りすがりの看護婦さんに「だいぶ前に検査終わったんですけど・・・」と聞くと「あ、会計窓口へ行ってください」
そんなん言うてくれへんだら分からへんやろ!
でも幸いにも、支払い金額900円弱だった(我孫子の例の医院、毎回3千円前後ってのはなんなのだ?)
そしてこの労災病院、眼科手術では全国4位。大阪ではなんと1位。ま、その該当医はあの若輩センセとはもちろん違うだろう・・・。

前回、まぶしさを少しでも軽減するための時間つぶしかねて地下食堂でランチ食したけれど、あまりの不味さに今回は外で食事場所探すことに。
が、あまりのまぶしさに通り沿いの看板さえも判読できず(サングラスは車の中に置き忘れた・・・)

ようやく探し当てた喫茶店、「日替わり定食、サバ塩焼き850円」
サバやシャケは自炊生活で食べ飽きかつ、なんでサバが850円もすんねん!
あ〜、ピラフもオムライスも自炊で食べ飽きてるし・・・「カレーください」といった途端にもう後悔。食中、食後も後悔・・・。

★「今夜の本!」

喫茶店で、辻村深月「ぼくのメジャースプーン」(講談社文庫)読了。

題名、裏表紙のあらすじで本を選ぶとするならばゼッタイ手にとらない作品。貸してくれた墨丸会員734号チャンさんも「ただ平積みになってたから買いました」という本で、「でも、マスター向きかと」と前回彼オススメの秀作「骨の記憶」(楡周平)同様、我が好み理解しつつある彼は貴重な読書仲間。

これがですね、題名、あらすじからは想像できぬ良さに満ち満ちていて・・・小学2年生のボクと、分厚いメガネに歯列矯正金具をつけた、クラス仲間からはブスといわれてる、でもとってもいい女の子の同級生ふみちゃんとの友情物語。なんですが、そこに、校内で飼育しているウサギの虐殺事件や「呪い」ってのがからんでき・・・「子供」に読者を感情移入させてしまう作者の力量に脱帽。ラスト、目の痛みでか感動でか、目に涙。評価4/5。

★今回でこの「悪夢」シリーズ完結かと思いきや、来月1日さらに再検査をと。で、嫌々ながらの「番外編」へと舞台は変わるのだった・・・。

「時計仕掛けのオレンジの悪夢」つづく

<戻る>