247「不思議なロウソク」

10.23tue/2012

あいもかわらず馬鹿話・・・です。

★立ちション

スーパーの雑誌コーナーでふと手にした月刊誌に(週刊誌だったか?)、「立ち小便しながら水を一気飲みすると不思議な体感が得られます。体の中を一直線に水が流れ落ちてゆくのが実感云々」との3ページにもわたる記事立ち読み斜め読み。
「なるほどなぁ!」と店に帰って、「女どもには分からんやろなぁ、ウフフ」と早速試してみて・・・(アホか)
「そっかなぁ?」と後日その雑誌買って詳細知ろうとしたけれど、もうその本、店頭にありませんでした。
雑誌名わからぬまま紀伊国屋書店までも探しに行ってしまいました。
でも、見つからず。こうしてアホが重なっての次の話は・・・

★睡眠

以前、新聞記事で「睡眠時間が長い人ほど早死する」と知り、「寝る子はよく育つ」定説信じ込んで、とっくに子供じゃないのに10時間くらい平気で寝てしまってた我輩、愕然。

けれど先日の新聞に「睡眠時間が長い人ほどボケにくい」との記事あり(前頭葉の関係で。睡眠4時間くらいまでの人がヤバイとか)、ボケて長生きするよりよっぽどええやん?やっぱりあの定説一理ありか?と大いに安心す(単純)
でも最近4時間くらいで目覚めてしまい、夕方1〜2時間二度寝のパターンが・・・こんなんどうなんやろね?

★あるイチゲンさん

閉店間近、中年男性お一人来店(イチゲンさんです)
「待ち合わせやねん。スナックのママとホステスらと」ってんで、「閉めんでよかったわ!」と良い気分になっちゃって、来られるまでにと烏龍茶サービスでお出しし雑談。

長居の某建設会社の社員さんとかで(その会社有名です)、袖に緑十字マークの、清潔できちっとした作業服姿。
でも、なかなかそのママさんとやらがいらっしゃらず、「その店一応三時までやねんけど、ちびちびしか酒飲まん客残っとってなぁ、そいつ帰らすのに苦労しとるんやわ」とその男性。

しばらくして、「タバコ買うてくるわ。マスターなに吸うん?」
「いえ、いいですよ」「ええやん、エコーか?買うてきたるわ」とドアを開けて出て行かれ・・・そのドア再び開けられることがありませんでした。ママさんとやらも来られませんでした。

烏龍茶で助かったわ。お酒飲まれてたら無銭飲食やん。
でも費やした時間、返してくれる?
人を見る目がないというか、我が世界観外の方がここにもいらしたわけで、抱いたこの人間不信感もどうにかして・・・。

★マイ・ボトル

10月12日(金)、今年50本目のマイ・バーボンウイスキーを空けてしまいました。
週にボトル一本の割合ですか・・・少ないかもと思えども、ビールに焼酎、店のウイスキー、お客さんから奢りの一杯、閉店後に居酒屋での数杯などがこれに加算されるわけで・・・。

で時どき「アル中?」とお客さんに聞かれるけれど、幸い昼酒は飲まぬ、飲みたくない。昼間の結婚式、葬式でも飲まぬ、飲みたくない。
けれど、二十歳の頃から酒飲まぬ夜はほぼなく、酒を旨い!と最近、感じたこともない一抹の寂しさを感ずる秋の夜長・・・肝臓がん死の予感もあり。

★不思議なロウソク

以前「100円ショップの電球」と題した不良電球の話をしたけれど、今回同じ店で「LED不思議なロウソク」を発見・・・してしまった。

「傾けたり息を吹きかけたりするとランプが消灯します」というそんなキャンドルが、たった百円!
電池代含め計算してみると、店で現在使い続けてる装飾用消耗品キャンドルロウソクよりはるかに安くつくゆえ、それ用のボタン電池(予備分いくつかも)一緒に買って、しまった・・・。

店に帰って早速パッケージ開けてみると、その実物「むむ、大き過ぎるやん・・・」(カウンターのロウソク用吊り灯篭に入らずして・・・)
まぁ、そんなこともあろうかとお試し用で一個しか買わなかったのだけど、どっか使えるとこないかしらんと点灯しながら思案してて、気づいた。

売り文句「傾けたり息を吹きかけたりするとランプが消灯します」なのに、消えない。傾けても、逆さにしても振っても、消えない。どうしても、消えない。

「またかよ〜」と、電池とともに携えて再び返品行。
前回のように我輩もう気遣いもせず、売り場に直行。
「これ消えるはずが消えませんが」「交換されます?」「いえ、返金で」
(もうイヤ、この店の単純商品以外は。電球は単純部類?)
店員さん、前回同様返品商品確かめもせず、「は〜い、分かりました」

なに?返品へのこの慣れきった対応。
この店、そんなに不良品多いの?
(本品もメイド・イン・チャイナだった・・・)

「不思議なロウソク」完

<戻る>