255「火車の初夏」

8.4sun/2013

★パソコン、作動せず。

で、こういうことにお強い常連さん方に修復依頼。
その作業しつつの彼ら「これって2003年製ですよ〜、今日までもったの奇跡ですよ〜。もうたぶん直りません」で、「ガクッ」

家電ショップに修理について問い合わせてみると、見積りだけで1万円以上、修理は3〜5万以上、春の機種残ってれば5万から購入可と・・・。

しかし同じ頃、製氷機も不調に。修理不可。買い替えには数十万要・・・。
2台のDVDは、ディスク初期化が同時に不能に陥りダビング不可に。修理は1台3万円位也とか・・・。
あらためて言わずとも、現在我が台所まさに火の車で、いや火の車でなくともどれもこれもに手つけられるかよ!(地獄には鬼しかおらん)

自営業者としてこれはもう自死に相当する苦境なれど0型性格の我輩、しばしして(いや、相当期間要したけれど)ショック薄らいでくると、「別にパソコンなくっても大勢に影響ないやん?」「氷は当分100円ローソンので」「映画は録画して即見りゃええわけで」と、オウム残党じゃないけれど、解脱。

と、そんな出来事をお客さま方に顔で笑って心で泣きつつお話してると、墨丸会員878号ユッケさん「わたし新しいパソコンに買い替える予定ですから古いのでよかったら使われます?」で、我輩即「はい!はい!」(地獄には仏もいらした)
ってなわけで譲り受けたその夜、長らく放置していた03年製廃棄しようとしたその画面に、「重大なエラーは回復しました」と・・・「使えるじゃん!」

ゆえにこのホームページ、初夏の頃から更新不可でした。
7月28日からの「墨丸21周年」イベント(今回はドリンクオール21%OFFでしたが)も告知出来ずじまいでした。
で、これら空白の数ヶ月間の出来事を順次このページに記していく、ま、墨丸自虐史観「空白の夏」シリーズです。

PS:やはり03年製、その後も細々した不都合発生しホームページアップに至らず。仕方なく使いなれぬユッケさんパソコンでこれまた細々と打ち直しておりまする・・・。
宮部みゆき「火車」はおススメ本です。同題材本では島田荘司「異邦の騎士」が。

「火車の初夏」完

<戻る>